クルマに乗る人でしたら承知だのはずですが、自動車税なるものの納税義務があります。ナイキid

それで自動車税は査定に出す中古車買取の際に一般に還ってくるものなのです。http://www.scf.jp/

こういった内容はちょっと実行してみると直ぐに頭に入ってくると思いますが、それでは順番に詳細に説明しましょう。湯上りカラダ美人

記載するとすれば、国産の自動車だけに限らず海外の車も税金が還付されることに決まっています。結婚前調査の費用相場はいくら?

中古車についても当てはまります。

自動車税というのは自動車を所有している人が払わなければいけないお金ですがそれぞれの排気量毎に定められています。

1リッター以下のであれば29500円となり1リッターより上で1.5リッターの場合34500円。

その後は500cc毎に5000円増えていきます。

またこのお金は4月1日の時点の保有者が、今年度の全額を支払う義務となっています。

前払いになるということですから当然クルマを売ってしまってオーナーでなくなった際は前払いした分の税額は戻ってくるのです。

税は先払いで今年度の税金を支払いますからその年度内にクルマを引き取ってもらった場合には、新たな保有者が自動車税の納付義務を負うということです。

売却相手が買取専門店なら、売却時にあなたが払いすぎたお金を返金してもらえます。

要は所有者でなくなった際以降の税額は権利が移った保有者が支払わなければならないのです。

例えば10月中に車を売った時は、11月から翌年3月までの自動車税は返金されます。

というのは前も述べた通り自動車税というのは前払いであるという決まりから来ています。

つまりあなたは買取先に税を返金してもらうということです。

個人で愛車を引き取ってもらう場合、何気にこの知識に気づかない方がいますので、ぜひ忘れないようにしましょう。

自動車税という税金は車の売却で還ってくるという事実をあまり知っている人が少ない事をいいことに、それを説明しない悪質業者もあります。

自分から返金に関して話を切り出さなければ、一切そのことについて触れないという場合も見受けられます。

そのため愛車の買取をする場合は、自動車税が返還されるか否かの確認を忘れないようにしてください。

  • Copyright © 2012 www.pumpkinorgel.com All Rights Reserved.