外国為替証拠金取引に関しての興味深いところは、一つの金融商品あるのに投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3つの中からどれを選定するのかということにより資本の投下の方法が全然異なることにあると言います。PCマックス

最初は外国の貨幣へ投資の「長い期間の投資」に関して考えてみよう。税理士 大阪府

長期スタンスとは、一年以上の長期の投資が前提とされているのが通常です。

まず為替レートにおいては一年以上も経った後の為替レートは円高か、ないし円安であるかを推測することは、ほとんどの場合難題かと思います。

正直なところ「そこまで後の状況のことは見当もつかない」と考えるのが実際のところだからです。

予測もできないのに一生懸命に予測しようとしても、そんなことは無意味なことです。

そんなわけで外貨を買って、買ったタイミングの価値よりも円高に変わったとしても、その分は近いうちに円安に戻るはずだという程度の気持ちで取り組むのが良いでしょう。

差益を一生懸命に上げるよりも、他の儲けそれはスワップポイントを大きくするのをまず初めの目当てと決めて投資しましょう。

当然少しの期間で為替変動の損がかなりなることもあります。

そういったことから、大きなマイナスでもさほど困らないよう、レバレッジをできるだけ少なめに売買することがポイントです。

外国為替証拠金取引は損が一定範囲よりも大きく増大すると、追加保証金が出て来たりもしくは損切りになったりします。

損切りをしたらすぐ売り買いを打ち切りせざるを得なくなり長期の取引はストップします。

こういった危険を回避するには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍に設定してやり取りするのが安心です。

今度は中期スタンスの取引についてです。

中期の場合、長くて2ヶ月程先を推測しての売り買いなのです。

為替の取引のケースでは、およそ1ヶ月くらい後のことは、ほとんどの場合予測可能と言われます。

G7のような議会とか、為替市場参加者が何を事柄に注目しているのかを確認すればそれなりに想定できるのです。

こうした経済の状況を見る一方、グラフを参照することによって、為替の相場のレベルを理解し取引を見極めるといいと思います。

基本的に、経済の状態とテクニカルの両方で光りまたはどちらも買い傾向が同じであればまずその様に行くと思って大丈夫です。

そんな時は保有高を増やすことでより多い利益を手に入れられるのはほぼ確実です。

最後に短期の重要点です。

ここでの短期のスタンスは、言わばデイトレを言っています。

為替で日計り取引をする際は経済の状態は全然絡んでいないと断言します。

というのも次の日の為替の相場の動きに経済の状態は無関係だからです。

この時ミソは大きい行事があることで、それによって為替のレートがかなり変動するチャンスを見過ごさないようやり取りすることです。

たとえば、アメリカにて雇用の情勢が公表されるはたまた金利政策が行われることによって制作金利が変わるくらいのイベント。

こういうチャンスに動きを見逃してはいけないとの意味合いから、短期のトレードでは多様な情報が必要になる。

  • Copyright © 2012 www.pumpkinorgel.com All Rights Reserved.