外国為替証拠金取引で投資する面白みは、単品の投資の商品でありながら資金投下の期間を「短期」「中期」「長期」という3つの期間からどの種類をセレクトするかで投資のやり方が大きく違ってくるというところにあると言います。75-4-84

最初は外国貨幣への投入の「長期の投資」を考えよう。75-14-84

長期の投資とは、一年以上の投資期間を前提にしているのです。75-16-84

普通は為替相場で一年も経った後の為替の相場がが円高だろうか、ないし円安かを連想するなんてことは一般的に困難でしょう。75-11-84

当然、「それほど後のことはわからない」と考えるのが実際のところです。75-9-84

予言もできないのにがんばって推測しようと努力しても無駄な行為なのです。75-19-84

そのため、外貨を買った場合、買ったタイミングの買いレートよりも円が高くなったとしてもそのマイナス分はそのうち元に戻るだろうという気楽な感覚で売買に臨むものです。75-6-84

利益をアグレッシブに狙うことよりも、それ以外の収益つまりはスワップポイントで収益を上げることを、まず初めの目標として始めてみましょう。75-13-84

もちろん、ちょっとの期間で為替変動の影響で損失がかなりなってしまうことがあります。75-7-84

そんな訳で、こういう場合のような損失が大きくても耐えうるよう、レバレッジを最小限でトレードすることは必要です。75-5-84

FXは差損がある金額以上に広がってしまうと、追加保証金(追い証)が必要になったりもしくはストップロスがかかったりします。

ストップロス(ロスカット)をしたらさっさとやり取りをフィニッシュすることになり、長期の取引がダメになります。

この例のような危険を回避するためには、レバレッジ2?3倍くらいで取引することです。

第二に中期の投資のケースのトレードに関してです。

中期の投資のケースは、長くても2ヶ月くらい先を想定してのやり取りを行うのです。

為替取引の際、1ヶ月ほど先のことはある程度予測しやすいかと思います。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)等の国同士の会議の話題為替の市場に参加している人たちがどういったテーマに興味があるかを聞いてみれば、ほとんどの場合見通しがきくはずです。

こういった経済の基礎的条件を見る一方チャートをチェックすることによってレートの変動を理解できるようになり、トレードを見極めるといいと思います。

基本的に、経済の状況とテクニックの両方で良い方向であり、もしくは買い傾向が一致している時はだいだいそのまま変動すると考えて間違いありません。

そんな時は持ち高を増やせば一層多いリターンを獲得できるはずです。

最後に短期トレードの重要点。

ここでいう短期スタンスが示しているのは、すなわちデイトレーディングのことを言っています。

為替相場でデイトレードをする時経済の状態は少しも絡んでいないと断言できます。

あくる日の為替相場の動向に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は絡んでいないからです。

この時の狙いどころは大規模なイベントがある場合、それに影響されて為替のレートが目立って動く一瞬を逃さないよう取引しましょう。

例を挙げるとアメリカにおいて雇用情勢が発表されるまたは金融会議などによって制作金利が変化するというような催し。

このようにチャンスに変動を見過ごさないとの意味合いで、短期トレードは多種の要素が必須となる。

Copyright © 2012 www.pumpkinorgel.com All Rights Reserved.