外国為替証拠金取引(FX)に関しての面白さは単一の商品でありながらお金を掛ける期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの3つの中からいずれを選択するかで資本の投下の方法が全然変わってくるところにあると言います。ソワン

まずは外国貨幣への投入の「長期の投資」に関して詳しく見てみましょう。Bizoux(ビズー)

長期スタンスとは、一年以上の長期の出資が原則とされています。リップルキッズパーク

一般的に為替においては、一年以上も先のレートが円高か、逆に円安かどうかを推測するなんていうことは多くの場合苦難です。ジェイウェルドットコム

ほとんどの場合「そんなにも後々の未来のことは予言できない」と考えるのが一般的だからです。ラ・ファミーユ

予想もできないものを一生懸命に予測しようとしたところでそんなことは無茶苦茶な行為です。きらりのつくりかた

そのため、他国の貨幣を買って、買った時の買いレートよりも円高になったとしても、その差損分はしばらく経てば返ってくるだろうというポジティブな感覚で売買に挑む必要があります。ミリオンキングダム

差益を熱心に求めるというよりも、別の方法での収益、つまりはスワップ金利で稼ぐことを、とりあえずの目当てとして始めてみましょう。Remery(リメリー)

当たり前のことですが、ちょっとの期間で為替変動の為の損失がかなり膨らむことがあります。ミレイズ

そういったことから、こういうケースのような差損が膨らんでも影響の少ないようレバレッジを必要最小限で売買することが肝心です。松尾ジンギスカン

FX(外国為替証拠金取引)は損失が決まった範囲以上増大してしまうと、追い証を出さなければならなくなったりそれともロスカットになったりします。

ストップロス(ロスカット)がかかったらその場で売り買いをフィニッシュすることになり長期取引が難しくなります。

こういう危険から逃れるにはレバレッジ2?3倍程度で売り買いするのが良いでしょう。

第二に中期スタンスの取引です。

中期のスタンスのケースは、最長でも1?2ヶ月位経った頃を予想してのやり取りをします。

為替のトレードにおいては、だいたい1ヶ月ほど先のことはだいたいの場合予想可能なケースが多いでしょう。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)の類の公式の集まりの話題、為替のトレード参加者が何を内容に着目しているかを確認すればいくらか見通しがきくでしょう。

こうした経済情勢をチェックしながらなおグラフを確認することで、為替の動向を把握しどちらのポジションかをジャッジするといいと思います。

基本的に、経済情勢とテクニカルの両方で良い状態でありまたは買い傾向が同様であればほとんどのケースではジャッジした通りに変動すると思って大丈夫です。

そのような時は持ち金を増やすことによってさらに多いリターンを手に入れられるでしょう。

3つ目に短期トレードのコツです。

ここでいう短期のスタンスは、いわゆるデイトレーディングを言っています。

為替市場で日計り取引をする時、経済の状態は決して影響がないと思います。

なぜかというと次の日の為替のレートの変動に経済の状態は絡んでいないからです。

ここで、最大のコツは目を引く事柄がありそれが影響して為替相場がかなり変化するタイミングを逃さないようトレードすることです。

例を挙げると、アメリカ合衆国にて雇用情勢が公表される、もしくは金融政策などで制作金利が変動するような催し。

このようにタイミングに変移を見逃さないとの意味合いから、短期のスタンスは専門的なものが必要となる。

Copyright © 2012 www.pumpkinorgel.com All Rights Reserved.