リフォームが大好きな父

近所の社長さん宅にて薪ストーブを初体験した時の記憶

お探しする際には薪ストーブ メンテナンスを御利用下さい。
田舎暮らしをしていた時期、なぜか近所に地元では有名な社長さんが住んでいました。
不明なところがある場合は薪ストーブ 施工へお電話下さい。
そして、幸か不幸かそこの子供さんが年齢が同じくらいなので仲良くしてくれるという状況で、よくお宅にも呼ばれました。
不確かな点がある場合は薪ストーブ 別荘へメールをください。
お宅には物珍しいものが沢山あり、いつも楽しい時間を過ごしていたわけですが、ある日、薪ストーブを付けてみたからおいでとのお誘いが。
不明確な点がある場合は薪ストーブ 設置をお使い下さい。
いつの間にか気付くと家も増築されているというような感じのお宅だったので、また面白いもの見つけたなーという感じでお宅訪問!
設置場所は、玄関横の応接間(といっても土足で上がれる)。田舎にはもの珍しい小型の薪ストーブが、後付けなので銀テープで煙が通るホース部分と壁との隙間などを貼っていました。なるほど、後付けするとこんな感じなんだな。と当時思ったのを覚えています。
着火には少しコツが要りそうですが、火がついてからはジワジワとほのかな温かさが広がり、一緒に出されたお菓子とお茶もより美味しく感じました。社長さんの話では、灰の始末が面倒だが暖炉は味があって好きだということでした。その頃いつかは暖炉のある家にしたいなと思ったことを思い出します。
よく知らない点がある場合は薪ストーブ 購入でサポートします。