自動車重量税、別称重量税という税金は国産メーカーの車あるいは外国の車という愛車の生産国や電気自動車、1BOX車という車体も全て同じでマツダやGM、等にも同じように負担義務を課せられているもののことをいいます。

新車を登録する際または定期的にある車検を受ける際に納税が必要になるものになります。

その納付税額は愛車の重量により決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」は完全に別の税ですので、基礎を理解して間違えないようにしましょう。

「自動車重量税とは車の重さで」「自動車税は総排気量毎に」その額が変わってきます。

そして、買取する時の扱われ方違いますし、注意しましょう。

中古車を売却する際には支払い済みの車の税額がどれだけ残っていてもその税金が還ってくるようなことはありません。

一方で、自動車税の場合は支払った金額を査定額に乗っけてくれるような事例がありますが重量税の時は上乗せになる場合はあまりないといえます。

重量税は売却時に納付済みの税金があるからと言って中古車の買取専門店にてそれが忖度される場合は少ないと思います。

なので次の支払い、つまるところ車検まで処分するのを少し保留し買い取ってもらうということが最も良いでしょう。

自動車引き取り時は考慮してもらえないのが重量税ですが、ある条件の事例だと返ってくる可能性があります。

それは、車検が残っている愛車を廃車処理する場合です。

というのは、廃車登録をすれば、残っている期間に応じた税金が還付されます。

ですが、中古車の買い取り時はそのクルマが廃車になるのとは違って返金されません。

さらに、クルマの名義変更をした時や、盗まれた時なども返金してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残存期間がある自動車を売るということは、つまり車検期間がまだある中古車ということです。

買取店も計算に入れますから、自動車重量税が残存していれば、そこそこ売却額が増えると思います。

もちろん、査定額は店舗次第で変わりますが、車検が残っていることが忖度されれば、クルマの査定額からみるとそれほど損をするということもありません。

  • Copyright © 2012 www.pumpkinorgel.com All Rights Reserved.