よくある初心者向けの外為の雑誌では、「損失が生じた状況ではナンピンをして、ポジションの価格をコントロールする事が出来る」と述べられていたりする事もありますがナンピン買いには相当の危険が待ち受けています。http://www.isurfamerica.com/post23/

とりあえず、ナンピンの方法に関してとても簡単に記述しておきます。プロキオン

たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。ロフトベッド おすすめ

$(ドル)買いだから円安になるほど儲けが出るわけだが1ドルが95円まで円高・ドル安に推移したとします。託児付き 求人 大阪

このままの状態で持ち続けたとしたら、プラスになるためには損失分円安ドル高に進む必要があります。三黒の美酢 口コミ等

みんな、損失は早く無くしたいと思うでしょう。ヴィトックス 口コミ

ここで最初に売り買いしたのと同じ額の$を、エントリーします。リペアジェル 口コミ等

これで、平均の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで下げることができます結果として、2円50銭の幅で円安に推移すれば、損を失くせます。グリーンシェイパー 口コミ

これが、ナンピン買いのやり方です。クリアネオ 臭い

このように、ナンピン買いの仕組みを耳にすると、「まちがいない」という考えになるがそう易々と問屋を卸しません。ベルタマザークリーム 口コミ等

だいたい、1ドル=95円より下がらないとはなんびとも予想できません。

もしも、市場が円高トレンドだとすれば95円では下げ止まらずに、さらに円高ドル安に向う可能性が高くなります。

1ドル=97.50円でナンピンをしたにもかかわらず、1ドル95円まで円高ドル安に向ったらナンピンしたポジションについても、損が生まれてしまいます。

その状態では、初めに取引したドルとあわせて、更なるマイナスが生まれます。

それほど、ナンピン買いは厄介です。

では、為替が自分の物語とは反対の方向にみるみる進む場合いかなる方法で危険性を回避すればいいのでしょうか。

この場合選ぶべき方法は2つだけあります。

まずひとつは執着しないで損切りをすること。

別の方法としては、その時点で、自分自身が保持している買いポジションを小さくする事で、再度市場が回復するのをじっと待ち望む事だけです。

ちょっと消極的な手法だとみる人もいるkもしれません。

けれども、自分の買いポジションに差損が生じた場合、正しい手法はこの2つ以外にはありません。

無論、考え方としては、ナンピンをするという考え方もあると思います。

だがナンピン買いは自分か損失を披っている場面にもかかわらず、買いポジションを減らすどころか、逆にポジションを買い増していく考え方です。

この考え方では、危険性を回避することなどどう考えても不可能だと思うべきです。

ナンピン買いを続けられればその内儲けが出るかもしれません。

でも、それ以前にお金は不足してしまいます。

Copyright © 2012 www.pumpkinorgel.com All Rights Reserved.