自己破産の申立てを行ったとしても裁判所などから家族や親類に直接事実関係の報告などがなされるといった類いのことは考えられません。http://www.smart-mobility-asia.jp/

なので、家族にはばれずに自己破産の手続きができる可能性もあります。

ですが、現実問題として、自己破産手続きを申立てる際に一緒に住む親類の給金を明らかにする書面や金融機関の通帳の写しといった資料の提供を求められるというような事態もありますし債権を持つ会社から家族や親族へ書類が送られるようなケースもないとは言えませんから、家族や親類に内緒で自己破産の手続きが行うことが可能だという100%の確証は望むべきではないと考えられるのです。

不自然に知らせずにしておいて後になってから秘密がばれてしまうよりかは、最初の段階で嘘偽り無しに本当のことを打ち明けて家庭のメンバー全員の協力を得て自己破産申請を切り抜ける方が望ましいといえるでしょう。

一方、異なった場所に住む家族や親族の人が自己破産の申立てを行ったことが知られるなどといったことは不安に思う必要はないと納得してください。

配偶者が負う責任を失効させることを念頭に別れることを検討する夫婦もいるようですがまず、たとえ婚姻関係を結んだ間柄だと書類で認められていも基本的には自分が連帯保証人になっていないということであれば民法上では義務はありません。

ですが、書類上の(連帯)保証の名義人身を置いている場合はたとえ別れることをしたとしても責任に関しては残ってしまいますと認められるため法的な支払義務があると思われます。

ですから離婚を実行することでお金の支払義務が斟酌されるといったことは考えられません。

そして、現実として債権保持者が借り手の家族に請求に及ぶような場合もありますが、保証人または連帯保証人を請け負っていないということであれば子と親・弟と兄という類いの親族間の返済義務だとしても借りた張本人以外の家族や親族に法律の上では法的な支払い義務はありません。

実際は、貸し手が法的な支払い義務と関係のない家族の人を相手取って支払の催促を行うのは貸金業を規制する法律を参照する上での行政の実務取り決め内で固く禁じられており、支払催促の実施方法によりますが貸金業規制法の請求の規則にそむくことになります。

それを真に受ければ法的な支払い義務がないにも拘らず自己破産申請者の家庭が督促を不当に受けたという事実が存在する場合は、借りたところに向け支払の督促を停止するよう注意する内容証明の書類を送るのがよいでしょう。

情けをかけて債務をもつ人本人のことが可哀想でならないからといって当人以外の近親者が借金を代わりに請け負って返済してしまうということも聞きますが債務を負った本人が幸運に依存していつまでたっても借金を引き起こすことが多いのです。

ですから、債務者本人のことを思いやったら血も涙もないかもしれませんが借り手本人の手によって借金を返させていくかそのようなことが不可能ならば破産の手続をさせた方が債務を負った本人の人生には良いと思います。

  • Copyright © 2012 www.pumpkinorgel.com All Rights Reserved.