自動車重量税、通称重量税とは、国産自動車とかドイツ車というような自動車の生産している国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、ハイルーフ車という自動車のタイプに例外なくたとえばダイハツやGM、等でも普通に納付しなくてはいけない税金なんです。

新車登録の場合、もしくは定期的にある車検の際に納税が必要なお金なのです。

その支払額は車の重量により決められています。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に別の概念のため、しっかり理解して間違えないようにしてください。

「自動車重量税は車の車重毎に」「自動車税という税金は車の排気量によって」その額が異なります。

また、買い取り時の扱いも変わりますし、注意が必要です。

車を買い取ってもらう時には既に納めた車の重量税がいくら残っていたとしても、その額が還ってくることはないですが、一方自動車税であれば、既に支払った残存税額を買取金額に乗っけてくれるといったケースがあるものの、重量税については上乗せになるようなことはなかなかないでしょう。

重量税というのは手放す際に納めてある金額が残存しているからと言って車の専門店側でそのことが配慮される場合はまずないです。

そのためその次の支払い、つまり車検に出すまで待ってから売るという手段が最も良いでしょう。

自動車の買い取りの際は還付の対象にならない重量税ですがある条件の場合だと返還されることもあるのです。

それは車検の効力が残っている愛車を廃車として処理する場合です。

要するに、廃車登録をすれば、残っている車検期間に応じた金額が戻ってきます。

ただし売却時はその車が廃車されるわけではないので返金されません。

さらに売却する車の名義変更をしたケースや盗難にあったケースなども返金してもらうことは不可能です。

重量税の残っている期間がある愛車を売却するイコール、要は車検の効力が残っている中古車です。

それを買取店も配慮しますので、自動車重量税の残存期間があれば、少しは査定額が上がることでしょう。

勿論買取額は業者次第で異なりますが車検期間がまだあることが考慮されれば、自動車の買取額からみるとあまり損をするということもありません。

  • Copyright © 2012 www.pumpkinorgel.com All Rights Reserved.