抗癌剤治療はやらないほうが良い

抗癌剤治療はやらないほうが良い

抗癌剤というのは、日本で一般的に用いられている癌を治す薬です。
抗癌剤は癌細胞の活動を抑えることに有効ですが、同時に全身の健康な細胞さえも傷つけてしまいます。
こちらからがん治療 免疫について知ることが出来ます。
抗癌剤を使うと、一時的には体が楽になって、治ったかのように感じます。
実際に痛みも消えるし、癌の一部の消滅も期待できます。
お探しの免疫治療 がん療法についてはこちらです。
しかしこれは進行した癌に対しては、あまり効果がありません。
そして抗癌剤を使うことで免疫力が低下します。
免疫治療 病院をお探しならこちらです。
抗癌剤の効き目が消えてくると、癌の活動が活発化しますが、抗癌剤によって免疫力が低下してしまうので、癌の拡大を許してしまいます。
気になる方は免疫治療 NK細胞←をクリック!
抗癌剤を何度か使うたびにこれを繰り返し、結果的に癌の進行を早めていることになります。
話題の免疫細胞 最先端情報についてはこちら!
進行癌の場合には抗癌剤を使わないで、麻薬などの痛み止めだけを使っていくほうが、長く行きられる可能性が出てきます。
本来あるべき癌治療とは、抗癌剤を使わず、自然食品により免疫力を高め、痛み止めを服用していくことです。
人によって癌治療の考えは異なるのは当然ですが、現在の癌の専門家の治療方法を受け入れるかどうかは、よく考えるべきです。